首をかしげる女性

「もう使わないけど、捨てるにはまだもったいない。だからと言って自分でフリマアプリで売るのは面倒」

そんな人のためにあるのがリサイクルショップの買取サービスです。店頭での買取や出張買取、郵送での買取など、各社が様々な形で色々なものを買い取ってくれます。

しかしリサイクルショップを利用しようという人の中には、「そもそもリサイクルショップで売れるものって何があるの?」という疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか。ここではそのような人のために、リサイクルショップで売れるものをまとめておきました。

もちろんお店によって取り扱う品物は変わりますが、ここで紹介しているものに関しては探せば売れるお店が見つかるはず。また買取価格の相場やより高く売る方法については、各ジャンルごとに詳しい記事を随時追加していくので、ぜひそれぞれのリンクからご参考してください。

INDEX
  1. 家電
  2. どこでどうやって売ればいいのか?
    1. どこに売ればいい?
    2. どうやって売ればいい?
  3. まとめ

家電


転勤や結婚、同棲などで引っ越すタイミングや、自分が欲しかった機能を備えた機種が発売されたタイミングなど、まだ使い古していない家電を買い換えるというときは、リサイクルショップなどで買取してもらえる可能性が高くなります。

買い取ってもらえる家電はテレビ、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器のほか、電子レンジやトースターにパン焼き器などの電子調理器など。近年ではスマートフォンやタブレットなどのガジェットの買取に対応しているところも増えています。

ただし家電は古くなったり、長い間使っていたりすると、たとえ見た目が綺麗でも買い取ってもらえないケースがあります。家電の買取を希望する場合はその点にも注意が必要です。

それぞれの家電の買取価格の相場や買取の可否の判断基準、高く売るためのポイントについては以下の記事を参照してください。

どこでどうやって売ればいいのか?

最後に、実際にもう使わないもの(不用品)を売るとなったらどこでどうやって売ればいいのかを説明しておきましょう。

どこに売ればいい?

不用品を買い取ってくれる業者は大きく2つに分かれます。第一にリサイクルショップのように買い取った不用品を店頭でも販売している業者です。店頭買取に対応しているのは、主にこちらの業者です。

第二に不用品回収業者や便利屋などのように、不用品回収サービスを提供している業者です。不用品回収というと粗大ゴミを有料で回収してくれるサービスのように考えている人も多いかもしれません。しかしこうした業者の大半はまだ使える不用品の買取にも対応してくれるため、売る先の候補に加えることができます。ただし店頭買取に対応している業者は比較的少ないため、その点には注意が必要です。

どうやって売ればいい?

買取までの手続きには大きく2つのステップがあります。一つ目のステップは問い合わせ・見積もりで、二つ目のステップは実際の買取です。

問い合わせ・見積もり

問い合わせ・見積もりをする手段としては、以下の3つがあります。

方法 メリット デメリット
メール
問合せフォーム
写真などが送れるので、比較的正確な見積もりが可能。 返信があるまで待つ必要がある。
LINE@ 写真だけでなく動画が送れる場合があるので、より正確な見積もりが可能。 返信があるまで待つ必要がある。
電話 その場で対応してもらえる。 口頭でのやりとりなので、正確な見積もりが難しい点に加え、言った言わないのトラブルになる可能性もある。

とにかく急ぐという人は電話、できるだけ正確な見積もりを取りたいという人はその他の方法が適しています。

色々な買取方法

不用品の買取には直接店舗に持ち込む店頭買取と、自宅などに来てもらう出張買取、そして売るものを郵送して買取してもらう宅配買取の3種類があります。ここではそれぞれのメリットとデメリットをまとめておきましょう。

買取の種類 メリット デメリット
店頭買取 買取価格が高くなりやすい。 手間と時間がかかる。運搬手段も必要。
出張買取 自分で運搬する手間をかけずに売れる。 買取価格から出張コストが差し引かれる場合がある。
宅配買取 自分の好きなタイミングで発送できる。 送料や梱包の手間がかかる。対応していない商材もある。

車や人手の都合がつく人は店頭買取がおすすめですが、そうではない人は出張買取や宅配買取が現実的な手段になります。

まとめ

まだまだ使えるものを買い取ってもらえれば、自分にとっても、次に使う人にとっても、環境にとってもプラスになります。こうして考えてみると、リサイクルショップに何かを売るというのは、とてもエコで賢い選択と言えるでしょう。

なお冒頭でも触れたようにここで挙げた品物を買い取っていないところもあれば、ここで挙げた品物以外を専門で買い取っているリサイクルショップもあります(ブランド食器や美術品など)。もし自分が売りたいものがここで挙がっていなくても、諦めずに近い品物を取り扱っているお店に問い合わせてみましょう。

リサイクルページでは様々な品物の買取に対応しているお店をたくさん紹介しています。買い取ってくれるリサイクルショップを探すときは、ぜひとも活用してください。