どうせ処分するならリサイクルページから。キャッシュバック13,000円

片付けの秘訣の一覧(全12記事)

指を差す若い女性

遺品整理業者の選び方で困ってはいませんか?遺品整理業者は人生の中で何度も利用するものではないため、いざ利用しなければならない時になって「どの業者を選べばいいんだ……」と途方にくれる人も少なくありません。ここでは6つのチェックポイントを優先度順に解説。また気になる料金が高い業者と安い業者の違いについても解説します。

親も自分も歳をとってきて、そろそろ遺品の整理について考えなければならない時期。そこで遺品整理サービスについて調べてみたものの、いまいちサービス内容が把握できないという人も多いのではないでしょうか。ここでは遺品整理業者が提供しているサービスを全部で13個紹介します。自分が求めているサービスを提供している業者を探す際の参考にしてください。

今後日本の現役世代の大半は、いずれ自分たちの親世代の遺品とどう向き合うべきかという問題に直面します。しかしいざその時になってからその場しのぎで対応してしまうと、時間や労力を必要以上に消耗したり、遺された家族同士で争いになったりする可能性もあります。そのような事態を避けるために、ここでは遺品整理の場面で起こりうる問題を考えるとともに、どんな解決策があるかを検討します。

「部屋を片付ける」「必要ないモノを捨てる」これらを誰でもできる、簡単なことだと考えていないでしょうか。しかし片付けや捨てるという行為は、人生を豊かで満たされたものにするために非常に効果的なんです。ここでは断捨離の元祖やましたひでこさんの著書をもとに、「捨てられない人」が「捨てられる人」に変わるための極意を紹介します。

服に本、文房具に家具・家電……もう使わないとわかっていても「捨てられない」「片づけられない」という人も多いのではないでしょうか。そんな人におすすめなのは、思い切った断捨離です。ここでは断捨離ブームの火付け役とも言える近藤麻理恵さんの断捨離メソッドを紹介するとともに、家具や家電などの大きいものを上手に断捨離する方法についても紹介します。

今までに遺品整理を経験したことがあるという方は、少ないのではないでしょうか?遺品整理においてはただやみくもに不用品を捨てていくだけではなく、亡くなった方との想い出を考えていくことも必要です。また、不用品においては処分料金がかかる場合もありますので、その点細かく解説していきたいと思います。

遺品整理と相続について考えたことはありますか?家族が亡くなった際に誰かが考えなければいけない問題です。遺言が残っている場合基本的にそれに従い処理をしていきますが、特に遺言がなければ、遺品整理と相続は難しい問題なのです。今回はこの2点にスポットを当てて紹介していきますので、今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ゴミ屋敷になる原因は多数存在していますが、それを改善するためには、自身で対処する、自治体に相談する、業者に依頼するという3つの解決策があります。今回はその中でも、ゴミ屋敷をスムーズにスピーディーに解決する方法の1つとなっている、業者に依頼する方法にスポットを当てまとめていますので、是非参考にしてみてください。

大掃除に向けて準備を始める時期、年末なので忙しさが加速してしまいますね。今回は忙しい中でも年に一度の大掃除を成功させるべく掃除術を紹介していますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。掃除をする日1つを取っても知っておくべきことはありますので、事前に必要な知識を付けてから大掃除に取り掛かりましょう。

引越しで出てくる大量の不用品の処分方法はご存知ですか?不用品の処分は各地域によって処分のルールや決まりごとがあり、ややこしいものです。今回は不用品回収業者をうまく活用して、処分費用軽減とスムーズな引き取りをしてもらうための情報をまとめてみましたので、是非参考にしてみていただければと思います。