INDEX
  1. 洗濯機の処分と家電リサイクル法の関係性とは?
    1. 洗濯機の処分方法
    2. 洗濯機の処分料金
  2. 洗濯機の買取と処分について
    1. 洗濯機を買取してもらえる基準を知ろう
    2. 洗濯機の買取金額アップの秘訣
  3. まとめ

日々の生活の中で活躍してくれる家電の中でも、なければ困るのが洗濯機。

最近では全自動洗濯機、ドラム式洗濯機などより便利なものが販売されている中で、処分方法についてはなかなか知られていません。

ドラム式洗濯機と主婦

洗濯機の寿命はメーカーや型式番号により異なりますが、約6年~8年と言われています。
どんなに大切に使用していても、内部の部品が消耗することで交換が効かなくなるためです。

今回は、洗濯機をオトクに処分する3選として紹介していきますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

今回は洗濯機の処分について紹介していくよ!
生活の中で必需品の洗濯機だから、いざと言う時のために処分についても知っておかなきゃね♪
処分方法にも色々あるから知識として持っておくと良いね。
そうだね、使っている洗濯機によっても寿命が変動するみたい…。

洗濯機の処分と家電リサイクル法の関係性とは?

ドラム式洗濯機フタ

洗濯機は、エアコンテレビ冷蔵庫と同じく、家電リサイクル法の対象品目となっていますので、家電リサイクル法に従い処分しなければいけません。

資源を再利用するために、洗濯機を購入、使用した所有者が「リサイクル料」を負担する仕組みとなっています。

粗大ゴミとして処分することはできませんので、処分時には正しい処分方法を知っておく必要がありますので、詳しく紹介していきます。

洗濯機の処分方法

洗濯機の処分方法には以下のようなものがあります。

・小売店での下取りや引き取り、引越し業者への処分依頼、または指定引き取り場所へ自身で運搬する
・リサイクルショップで引き取り、買取をしてもらう
・不用品回収業者を利用する

リサイクルショップで買い取りしてもらう場合、不用品回収業者に引き取ってもらう場合を除いては基本的に「リサイクル料」は負担しなければいけません。

また、自身で指定引き取り場所へ持ち込む場合を除いて、「収集運搬料金」がかかってきます。

指定引き取り場所については全国各所に存在しますので、最寄りの場所へ持ち込むこととなりますが、自身で取り外し運搬までする形となりますので、非常に手間はかかりますが、リサイクル料の負担のみとなりますので、オトクな処分方法の1つです。

また、リサイクルショップ、不用品回収業者では一定の条件を満たしていれば買取値が付く場合もあります。

「年式、容量、メーカー」が重要で、製造年数が5年以内のもので、容量が大きいもの、人気のメーカーなど条件が揃えば、数千円~数万円など大きな買い取り価格が付くこともあります。

洗濯機の処分料金

洗濯機にかかるリサイクル料は、年によって変動はありますが、2500円程度となっています。

・小売店での下取りや引き取り、引越し業者への処分依頼、または指定引き取り場所へ自身で運搬する
処分の場合、リサイクル料金+収集運搬料金がかかります。
リサイクル料のほかに家電量販店が数百円~数千円、小店で個人営業のお店では数千円~最大でも五千円程度の収集運搬に際して費用がかかると考えると良いです。
処分ではなく下取りとして引き取ってもらえる場合には、メーカーと製造年数、状態によって下取り額が決まる形がほとんどです。

・リサイクルショップで引き取り、買取をしてもらう
ショップによっては、5年以内製造の洗濯機以外はリサイクル料金がかかるなど様々なパターンが考えられますので、その点はショップへ確認が必要です。
人気のメーカー、製造年数が新しい状態の良いものについては数千円~数万円の買取値が付くこともあります。

・不用品回収業者を利用する
再販目的で回収する場合が多く、リサイクル料金と運搬料金がかからない場合が多いです。ただ、スタッフの人件費やトラックの燃料費などの経費がかかるため、3000円程度の手数料が発生する場合があります。人気のメーカー、製造年数が新しい洗濯機については数千円の買取値が付くこともありますので、業者への確認をしてみましょう。

以上のような形で処分料金がかかってきますが、下取りでは本体割引やキャッシュバック、ボーナスポイント等受けられることがありますが、リサイクルショップで買取してもらえるなら買取の方が現金で受け取れるほか、買取金額が高くおトクな傾向にありますので、覚えておきましょう。

家電リサイクル法の対象である洗濯機は、リサイクル料の対象になっているよ。
処分方法によって、負担しなくても良いこともあるけど、基本的には購入・使用した人が負担するものになっているんだね!

洗濯機の買取と処分について

洗濯機配送

最もオトクに洗濯機を処分することを考えたときには、リサイクルショップの買い取り、不用品回収業者へ引き取りを依頼し、買取値をつけてもらうことです。

ただ、すべての洗濯機に買い取り価格が付くわけではなく、買取の基準が存在していますので紹介していきます。

洗濯機を買取してもらえる基準を知ろう

買取値が付くかの基準については、以下の項目が重要です。

・HITACHI、TOSHIBA、Panasonicなど人気のメーカー品
・製造から5年以内の新しい洗濯機であるかどうか
・洗濯機の外部、内部に破損が無く、正常に動作するかどうか

家電量販店で販売されている誰もが知っているメーカーであること、製造年数が新しいほど、問題なく使用できるかという点が査定の対象となり、これらをクリアしているものであれば買い取りしてもらえる可能性が高いです。

最近では家電量販店でオリジナルモデル、一人暮らし用の海外メーカーの洗濯機など、比較的安価で販売されているものもありますが、買取不可の場合もありますので、事前に確認しておきましょう。
逆に人気メーカーや年式の新しいものなどは高価買取をしてもらえる可能性もあります。

また主に買取対象の商品となりますが、家電量販店などは下取りと際して、新しい洗濯機の価格の値引きやポイントカードへのポイント加算などのメリットもありますので、事前に下取り確認をし、下取りと買取どちらがおトクか比較するのもオススメです。

容量は4~5キロの単身者向け、6~8キロのファミリー向けなど洗濯機により異なりますが、容量は大きければ大きいほど、「乾燥機能」、「省エネ機能」など便利機能が多く搭載されているほど買取金額は上がる可能性は高いです。

洗濯機の買取金額アップの秘訣

家電全般に共通することですが、清掃をしてから査定に出すと買取金額がアップする可能性があります。

外側の汚れをふき取っておく、洗濯槽の清掃、内部のホコリや糸くずなど、
洗濯機の内側には衣類のホコリが大きくなったゴミだまりが付いていることがありますので、この点は必ず確認しましょう。
自身でできる簡単なことですが、査定時にチェックされる部分ですので、清掃済みで査定してもらうことが買取金額アップのカギです。

また、洗濯機の付属品として蛇口とホースの接続部のアタッチメント、ボルト、説明書や保証書などもセットで査定に出すと好印象です。

買い取りしてもらう時期についても、新生活が始まる2月~3月に洗濯機の需要が高まりますので、可能であればこの時期に売却すると査定額アップにつながります。

全国の不用品回収業者やリサイクルショップを掲載していて、料金の比較や複数の業者へ一括見積もりが可能なサイトがリサイクルページです。不要な洗濯機の処分にお困りの方はぜひ一度ご覧ください。
売ると捨てるを一括比較♪リサイクルページ

洗濯機の価値は、メーカーと製造年数と状態によって決まるんだよ!
なるほど。
査定前に自身でできる範囲で清掃しておくことも大切なんだね♪

まとめ

縦型洗濯機の買取査定

洗濯機のオトクな処分方法3選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

小売店での下取りや引き取り、引越し業者への処分依頼、または指定引き取り場所へ自身で運搬する。リサイクルショップを利用する。不用品回収業者を利用する。という3つの方法がありますので、自身で最適な方法を選択して洗濯機を処分しましょう。

家電リサイクル法対象の洗濯機ですので、「リサイクル料」がかかってきますが、リサイクルショップ、不用品買取業者については、買取値が付く可能性もあります。

メーカー、製造年数、状態が直接買取に影響しますので、査定前には自身の洗濯機をチェック、清掃のうえ依頼をするのが良いです。

洗濯機をオトクに処分するベストは、買い取りしてもらうことだね♪
なるほど、使っている洗濯機のことを知っておく必要があるね。
最低限、メーカーと製造年数は知っておかなければいけないね。
僕も今まであまり気にしていなかったけど、チェックすることにする!